2013年07月31日

「歌とピアノと版画展」によせて

7月28日
「歌とピアノと版画展」は
おかげさまでとても素晴らしい一日となりました。

この日は、
「こんなことができたらいいな」
そう長年思い続けてきたことが
ひとつ
思い続けてきた以上の素敵なかたちで
実現できたようにおもいます。

手の中に納まる小さな版画が好きなので、
今までは小さな銅版画、木版画をせっせと作っていましたが、
音楽と共演できるというお話をいただいたことで、
今回初めて大きな作品を創りたくなり、ドキドキしながらイメージをふくらまし、
彫っては描き、描きは彫り、をくりかえして
1m四方の作品が出来上がりさらに、
ずっとやってみたかった、光を使った演出に初めて挑戦してみました。
夫をはじめまわりの人に助けてもらいながら
想像以上に満足できる仕事ができました。



一日限りではありましたが、こんな企画だからこそ実現できた、
二度と味わえない、素敵な時間が流れ、本当に幸せでした。
こんな機会をつくってくださった、小野さんと、ソプラノの里中さん、ピアニストの坂元さん、
関係者の方々、そしてご来場いただいた方に
心から感謝します。

またこのような機会があることを楽しみに
益々楽しんで制作励みたいと思います。

1307_yumeji.gif



posted by なお at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | Naoの版画工房より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は。ご無沙汰しています。
今さらながら・・・素敵なイベントがあったのですね。
おさのさんの小さな作品も想いが詰まっているようで素敵ですが、こんな大作も惹き込まれそうに素敵ですね。
光を通して映る作品は、まるでステンドグラスのようですね。
見てみたかったです。。。
いつか。

Posted by ちまじや at 2013年08月22日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370754148
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。